自然を愛し・自然を食す 料理

〒920-2333 石川県白山市尾添チ81-3

お得なご宿泊プラン・オンライン予約


こぐま物語~子熊と過ごした思い出のアルバム~
ノルディックウォークPDF
岩間山荘 Facebook

やさしい自然に身をゆだねて散策したり、ドライブしたり、温泉につかったりした後は
思いがけないほど食欲が湧き上がるもの。
岩間山荘では、体が喜ぶ山のもんづくしの健康ご飯を、白山の恵みで提供させていただいております。
熊や猪、川魚、山菜、きのこなど、白山ならではの素材を白山ならではの郷土の味付けで。
大自然が育んだ旬の味覚を、美味しい地酒とともにご賞味ください。

※写真は一例です。季節・天候・仕入れ状況等により、メニューが変わります。

白山の恵みの素材

甘みと旨みが強く、さらっとした油が特徴!
滋養効果も高く、薬膳の材料としても用いられます。
熊鍋は臭みがまったくなく、地酒にもよく合います。
また、熊刺しは珍しく、
他ではなかなか食べられません!
ぜひご賞味ください。

臭みがなく豚肉の様な味わいで、
「滋養強壮の食材」ともいわれています。
鍋やシチューなどでお出ししています。
中でもしし鍋は、自家製の味噌を使った
味噌出汁との相性が抜群!
しし肉からにじみ出る出汁も最高の味付けです。
柔らかい食感の肉は、
噛めば噛むほど旨みが出てきます。

女将自ら採ってきた、自然が薫る山菜や野菜の数々。
中でもぜんまいとうどは「山菜の王様」と地元の人が言うほど、
特に太くてやわらかい極上のものが採れます。
わらび・うど・みょうが・ぜんまいなど、
豊富な種類の山菜の味を
いちばん活かせる味付けをします。

伝え続けていきたい、郷土の味・食文化

白山ならではの味は、昔の先人の知恵から生まれました。
それはとても合理的だったり、限られた生活をフルに楽しめる工夫がされていたり。
そんなこの地の文化を継承していくことが大事だと思います。
主人のマタギの仕事もその一つ。
猟師はただ獲物を獲るだけでなく、自然の掟の中で恵んでもらう食材を大事にいただく、
だから熊も残すところなくすべてを活用します。
それと同時に、そういった「恵み」をいただく山や自然を育てていく、
守っていく、それがマタギの役目。
食文化も同じで、四季折々の「恵み」を無駄使いせず、
美味しくいただくことで自然に対して感謝する。
そんな思いを、今の時代もなくしてはいけないと思います。
岩間山荘では、昔から引き継がれる味をお客様に心込め提供しております。
私たちは、自然・山に生かされています。
風・空気・水・緑・・・こういったすべてが「恵み」で、もしなかったら生きていけません。
「生きている」との感謝を山にし、その分「恵み」が分け与えられているのです。

くるみのあめ煮

くるみのあめ煮

殻を割り、身をほりだして煮る「あめ煮」。
白山のくるみは「鬼ぐるみ」と呼ばれ、他の地域からも
わざわざ買い付けに来る方もいるほどの美味しさです。
くるみの味が濃く、旨みが強く、体に良いといわれてい
ます。

固豆腐の刺身

固豆腐の刺身

地元の豆腐屋さんが作る「固豆腐」。
使う大豆の量が一般の豆腐の数倍もあり、もめん豆腐よりももっと固く、その独特な歯ごたえと濃縮な味わいが特徴です。水のきれいな白山だから仕上がるこの味を、ぜひ味わってみてください。

報恩講料理

岩間山荘では、報恩講料理のご注文も承っております。
浄土真宗の開祖・親鸞上人の遺徳をしのび
感謝する仏事を「報恩講(ほんこさま)」といい、
その際に出される精進料理が「報恩講料理」です。
どこか懐かしく、食べる者を温かく包み、
幸せな気持ちに導いてくれます。

※写真・メニューは一例です。

ページの先頭へ